まいたび やまコン~みんなのやまたび フォトコンテスト~

まいたび やまコン 2023 入賞作品

“やまたび”の魅力を分かち合うため、登山時の「ヒト」が映った写真とエピソードを募集する「やまコン」は今回で3回目。 全国から264点もの魅力的な作品が寄せられ、応募者WEB投票を経て選ばれた入賞作品をご紹介します。

2023年8月11日 山の日

やまコン大賞≪最優秀賞・1作品≫

〔副賞〕
・毎日あるぺん号「上高地」往復 3列シート・ペア利用権
・THE NORTH FACEリュック Extra Shot(NM72300)【さかいやスポーツ様ご提供】
・アルファ化米【希望食品株式会社様ご提供】
・ライチョウさんシャツ
・2024年特製カレンダー

「尾瀬の電車ごっこ~歩荷さん見て、緊急停止~」

山﨑悠史 さん(群馬県)

撮影場所:尾瀬ヶ原

娘(3歳)の尾瀬デビューで、見晴を目指して歩いていましたが、途中飽きてしまい、ストックで電車ごっこが始まりました。元気を取り戻し歩いていると、歩荷さんが現れ、その荷物に興味津々で緊急停止しました。

まいたび賞≪優秀賞・3作品≫

〔副賞〕
・毎日あるぺん号「上高地」往復 4列シート・ペア利用権
・aLOKSAK 防水・防塵マルチケースXSサイズ(2枚入)【さかいやスポーツ様ご提供】
・アルファ化米【希望食品株式会社様ご提供】
・ライチョウさんシャツ
・2024年特製カレンダー

「雨のち大雲海」

大澤崇人 さん(東京都)

撮影場所:唐松岳山頂

好天予想に反してリフトで標高を上げると霧の中。テントを担いで唐松岳へ。 テント場でふて寝をしていると外から歓声が!
飛び起きて山頂まで駆け上がると夕日と大雲海!「だから山はやめられない」と笑い合った。

「たべられる!」

松尾愛生 さん(大阪府)

撮影場所:屋久島

「きゃーたべられる!」なんて嬉しそうに言いながらパシャリ。屋久島は大自然のユーモア溢れる道中で、常に冒険心を掻き立てられていました。 やっぱ登山って最高やん!

「念願のミヤマキリシマ」

ちゃんみ さん(広島県)

撮影場所:三俣山

ずっとミヤマキリシマを見に行きたいと言っていた母を連れてくじゅう連山へ。
念願のミヤマキリシマに囲まれ喜ぶ母の姿を見て、本当に来てよかったと心から思いました。大切な家族の思い出です。

やまたび賞≪優良賞・6作品≫

〔副賞〕
・アルファ化米【希望食品株式会社様ご提供】
・ライチョウさんシャツ
・2024年特製カレンダー

「厳冬期 蔵王」

mic_kanz さん(宮城県)

撮影場所:山形蔵王 刈田嶺神社

山を登り初めて半年、初めての厳冬期の蔵王刈田嶺神社 いつも爆風の蔵王が晴天無風になった瞬間 海老の尻尾を沢山纏った鳥居と神社に出会う 白い山頂は見たことのない幻想的な世界でした。

「寒い…よ」

宇野洸一郎 さん(山形県)

撮影場所:豪士山

甥っ子初めての登山。
保育園では里山へお散歩によく行くそうでこの機会にと思い1000m超えに挑戦。頑張って登った山頂であったかいラーメンを食べたが、写真を撮って一言、「寒い…よ。帰ろ」

「#自撮りはスポーツ」

いいつか さん(茨城県)

撮影場所:安達太良山

自撮りした安達太良山矢筈森 たまたま話した人と一緒に自撮りしてもらう

「愛娘」

RUKA さん(長野県)

撮影場所:小八郎岳

娘がお腹にいるときから登ってたお山です。きっとなにかご縁があると想い娘にとっても3回目の登頂です。

「山で会ったら皆友達」

永田真子 さん(静岡県)

撮影場所:鳳凰三山(観音ヶ岳)

山頂に着き朝日を拝む。さっきまでうるさかった隣のおじさん達も静かになった。綺麗…その場にいた誰もが息を飲む。ソロでも寂しくない。だって初対面でも同じ感動を分かち合えば山友だもん!山ポーズではいチーズ!

「家族で阿蘇仙酔峡へ」

tomofumeets さん(福岡県)

撮影場所:仙酔峡

いつもは登山仲間と見ているミヤマキリシマを妻と息子にも見せたくて仙酔峡に行きました。真っピンクのミヤマキリシマに2人とも感動してくれてました。家族でみるミヤマキリシマもとても素敵でした。

まいたび50周年記念特別賞≪1作品≫

〔副賞〕
・毎日あるぺん号「上高地」往復 4列シート・ペア利用権
・アルファ化米【希望食品株式会社様ご提供】
・ライチョウさんシャツ
・2024年特製カレンダー

「みんなで力を合わせましょう!」

サチ さん(兵庫県)

撮影場所:摩耶山

親子3世代の登山にて、親子杉をみんなで支えました。 こんな風にこれからも、みんなで力を合わせ、支え合って生きていきたいですね。 どうぞよろしくお願いします!

秦野市観光協会賞≪1作品≫

〔副賞〕
・秦野の菓子詰め合わせ【秦野市観光協会様ご提供】
・ライチョウさんシャツ

「山で育まれた愛」

ぽんちゃん さん(福井県)

撮影場所:福井県越前市日野山

いつもは彼だけが走っているけれど、私も挑戦してみよう!と、シン・ヒノ2登山競走に2人で出場。山で愛を育み、6月に婚姻し、来年2月には赤ちゃんを出産予定です!元気な赤ちゃんが産まれますように・・・

幌尻山荘賞≪1作品≫

〔副賞〕
・幌尻岳の手ぬぐい
・ライチョウさんシャツ
・2024年特製カレンダー

「仲間とのひと時」

川名和幸 さん(北海道)

撮影場所:ジャンダルム

初めての出会いは幌尻岳 そこから意気投合し今では日常も一緒に過ごす友達に。 そんな仲間と3人で初の道外旅行登山 上高地から西穂へ上がり槍ヶ岳へ これからも仲間との、山旅が楽しみです。 出会いに感謝

アオハル賞≪1作品≫

〔副賞〕
・アルファ化米【希望食品株式会社様ご提供】
・ライチョウさんシャツ 等

「JKin雪山」

東陽妙 さん(奈良県)

撮影場所:和佐又山

高校登山部に入って初めての雪山登山。 慣れないことばっかりだったけど、 かけがえのない青春の1ページになりました。

Biodata Bank賞≪5作品≫

〔副賞〕
・熱中対策ウォッチ カナリア【Biodata Bank株式会社様ご提供】

「カムイの庭で」

RED PEAK さん(北海道)

撮影場所:大雪山(白雲岳)

雪解けが進む大雪山 白雲岳の頂上からはまさに「カムイミンタラ」(神々の遊ぶ庭)の名にふさわしい絶景。 トムラウシ山や十勝岳連峰の峰々が連なり、広大な北海道にふさわしい展望だった。

「特等席」

shun.hkr さん(秋田県)

撮影場所:鳥海山

御浜小屋を過ぎた所の岩に腰を下ろしました。 天気も良く青空が広がり、鳥海湖や月山など絶景を堪能出来ました!

「まだ見ぬ景色を目指して」

大塚兼伯 さん(東京都)

撮影場所:立山室堂

2泊3日で目指す剱岳山行。 目の前にある立山連峰を越えてこれから迎える山への思い、不安、わくわく、緊張をぶつけてに行ってきました。 3日間晴れで最高の経験になった夏でした!

「その先へ」

mouji さん(福岡県)

撮影場所:白馬鑓が岳

颯爽と僕の横を駆け抜けていったトレイルランナーが、ふと足を止めた。目の前には白馬鑓へと続く美しい縦走路。一息ついて、また爽やかな夏のアルプスを駆けていった。美しい一コマだった。

「感謝の登山旅」

コラシノ彩 さん(日本国外)

撮影場所:フッカーバレートラック(ニュージーランド)

結婚3年記念で旅したニュージーランド。雪が残るセフトン山とマウントクック、氷山に圧倒されたニュージーランド旅での登山。 山の素晴らしさ、自然の大切さにも気づかせてくれた夫に感謝の登山旅。

青島ビール賞≪3作品≫

〔副賞〕
・青島ビール【株式会社池光エンタープライズ様ご提供】

「幾つになっても」

デグチ さん(神奈川県)

撮影場所:上州武尊山

もう歳でねと言いつつ颯爽と追い抜いて行く83歳の男性。2歳になる子供をベビーキャリアに乗せて歩くご夫婦。 ライフステージが変わっても無理なく続けられる、登山の素晴らしさをこの山で再実感したのであった。

「いざゆかん思い出の地へ」

かぶとむし さん(山梨県)

撮影場所:奥明神沢

5年ぶりの奥明神沢。前回は今の妻となる人と。実は5年前の同日に奥明神沢下山中、妻へプロポーズをした思い出の場所。そんなエピソードを同行者に話すと「そんな日に俺を連れて来るな」と一喝されてしまいました。

「北アルプスの一等地」

杉本誠 さん(大阪府)

撮影場所:北アルプス 大遠見山

テントから外へ出ると、そこにはオリオンと無数の星々が五竜に降り注いでいた。 快晴、無風、無音の奇跡的な条件で、この景色をつまみにお酒を飲みながら独り占めできたのはラッキーだった。

審査にあたり

 山にまつわるエピソードとお写真をたくさんお寄せいただきありがとうございました。 5月8日から新型コロナの感染症法上の位置づけが「5類」に移行され、コロナ禍から日常への生活へ回復し、各地の山々で楽しい笑い声が聞こえるようになってきました。
 やまコン大賞「尾瀬の電車ごっこ」のお母さまの笑顔、まいたび創立50周年記念特別賞「みんなで力を合わせましょう!」六甲山の親子杉を支える親子三世代のみなさんなど、今にも笑い声が聞こえてきそうな作品が多かったように思います。
 また、山は人との出会い場でもあります。幌尻山荘賞「仲間とのひと時」、アオハル賞「JK in雪山」山に登らなかったら「彼らたち」「高校の山岳部の女子高生たち」は出会うことがなかったでしょう。
 これからも、山を通じて出会った仲間たちと末永く、ともに歩んでいただきたいと思います。多くの作品をご応募いただきました皆様、協賛をいただきました企業の皆様、ありがとうございました。

【まいたび 毎日新聞旅行部長・鈴木正喜】

山と人の物語

 「山は山を必要としない。しかし、人は人を必要とする」。この言葉はスペイン・バスク地方のことわざだそうだ。人は人と関わる中でしか自らの価値を見出せない、または生きていけない、という意味なのだと思う。至極当然のようだが、日常生活の中では、ややもすると忘れがちになってしまう。
 毎日新聞旅行は、半世紀にわたって、山岳ツアーに人々を誘ってきた。国内外の山岳を舞台に、お客様は多くの出会いを重ねたと思う。お客様同士、登山ガイドや山小屋の従業員など様々な出会いがあったはずだ。そして、人と出会うたびに、山旅の思い出は深く刻まれたのではないだろうか。まさに「人は人を必要とする」との言葉のように。
 私どもが主催する「まいたび やまコン2023 ~みんなのやまたび フォトコンテスト~」は、山での出会いを通して、「人っていいな」という言葉をもう一度かみしめることを狙いのひとつにしている。
 登山ガイドとして経験を積んだ私は、仲間や家族と行く山がより一層楽しくなることを知っている。「この花きれいだね」「絶景が見えるよ」「これおいしいね」。こんな言葉をきっかけに、登山道には会話の花々が咲き乱れる。何とうれしいことか。
 その喜びを写真に切り取った、どの応募作品からも、笑いのさざ波が聴こえてきた。選考を終えた今、私の胸中には山巓(さんてん)に吹くような涼風が通り抜けている。本サイトをご覧になる皆さんも、山と人の物語を楽しんでいただければと思う。
 最後になるが、応募していただいた皆様に心から御礼を申し上げる。協賛いただいた団体、企業の皆様にも感謝の意をささげたい。コンテストは、皆様の協力なくしては成り立たなかったと痛感している。本当にありがとうございました。

【毎日企画サービス代表取締役社長、元毎日新聞編集委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージⅡ・小野博宣】

最終審査に残った55作品はこちら

まいたびやまコン2023 ~みんなのやまたび フォトコンテスト~
主催:まいたび(毎日新聞旅行)
協賛: 有限会社さかいやスポーツ一般社団法人秦野市観光協会Biodata Bank株式会社株式会社池光エンタープライズ
    希望食品株式会社